おでこの肌荒れ

①前髪の汚れが肌に付着して、炎症を起こす。
1度炎症を起こしてしまうと、毎日髪の毛を清潔にしていても、前髪のちらつきだけでかゆみがでて、肌荒れをどんどん悪化させてしまいます。
前髪を下ろさない髪型にして、前髪が肌に触れる事を防ぐと、肌荒れが解消されていきます。

②シャンプーやリンスのすすぎ流しがおでこに沈着して、炎症を起こす。
すすぎ残しが肌に着くと汚れになってしまい、それが原因で炎症を起こしてしまう事があります。きちんと綺麗に洗い流して肌を清潔にしてあげましょう。

③胃腸の不調で、肌に出てしまう。
暴飲暴食を避けましょう。内臓に負担が掛かりづらい食生活に変えて、胃や腸を落ち着かせてあげましょう。

鼻の肌荒れ

①鼻を頻繁に触ってしまうことによる、肌荒れ
手には、思いのほか雑菌が沢山ついています。そんな手で頻繁に鼻に触れてしまうと、触れ過ぎて弱くなった部分から炎症を起こしてしまいます。
鼻に触れるクセがある人は、そのクセを極力抑えるようにしましょう。

②胃腸、肺、肝臓の不調
内臓を休めさせるために暴飲暴食は止めましょう。また、ナッツ等の油っこい食べ物や、甘い食べ物は内臓に負担をかけてしまう食べ物なので、極力控えましょう。

③厚化粧の為に、ファンデーションの刺激でターンオーバーが乱れ、より一層毛穴が詰まってしまう。
肌荒れの時は、メイクを極力薄めにしましょう。濃いメイクは肌に物凄く負担をかけますので、避けましょう。
また、メイクが完全に落ち切っていないことも考えられるのです。 メイク落としがワカルサイト【クレンジングガイド】に詳しいことが書かれています。

頬の肌荒れ

①胃腸が荒れている時。
暴飲暴食は極力避けましょう。胃腸を休める食生活に変えて、胃腸をいたわる食生活に変えてみましょう。

②便秘の時 便秘の時は、特に肌荒れを起こしてしまいがちになります。
乳製品やプルーン(食べなれていない人は、1日3個を目安に)を食べて腸を整えてみると便秘は解消されてきますので、肌が落ち着いていきます。

②糖質や脂質の取り過ぎ。
甘いものは極力控え、ナッツ系も肌には良くないので控えましょう。ビール等の飲み物もよくありませんので、控えるようにしましょう。